【ネットワークオーディオ実践編】「音源」/「ライブラリ」を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。
 ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちのCDをリッピングするところから始めよう。
 そして目指すは『普遍的なライブラリ』である。

 それでは早速リッピング……といきたいところだが、その前に、ライブラリを構築するうえでの『自分ルール』を作ってもらいたい。

 たとえば、
 

・「Pop」か、「ポップ」か

・「Close To The Edge」か、「危機」か

・「Michael Jackson」か、「マイケル・ジャクソン」か
 

 ……という具合に。

 ここで決断した自分ルールは、これから先ずーーーっとついて回る。
 後になって直すことも可能だが、後になればなるほど面倒になる。

 とはいえ、ルールを決めずにいい加減にライブラリを作り始めると、無秩序滅茶苦茶一直線である。慈悲はない。
 よって、自分にとって理想的なライブラリになるように、自分ルールは最初に作らなければならない。
 仰々しく書いてはいるが、別にたいして難しいことではない。
 気楽に考えよう。

 次回からいよいよリッピング、ライブラリの構築開始である。
 
 

【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】よくある質問と検索ワードへの回答 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。     とりあえずいつもの: 【音源管理の精髄】 ...