TIDALのプラン構成が変更になるらしい

 現在TIDALが用意しているサブスクリプションのプランは、ロッシー(320kbps)の「Premium」とロスレス(CD相当)&音源によってはMQAもありの「HiFi」の2種類。アメリカでの契約だと、価格はPremiumが月9.99ドル、Hi-Fiが月19.99ドル。

 で、このプラン構成が変更されるようだ。

Subscription Types

All subscription types include access to 70M songs, ad free with unlimited skips, offline play, personalized mixes and radio, high definition music videos, and exclusive content, livestreams, and expertly curated playlists.

Note that the pricing below is for Australia ONLY. Please click here to see plan availability and pricing in your region.

Premium - $11.99 AUD a month with standard sound quality (320 Kbps)

HiFi - $17.99 AUD a month with lossless High Fidelity sound quality (1411 Kbps)

HiFi Plus - $23.99 AUD a month with lossless High Fidelity sound quality (1411 Kbps), Master Quality audio (up to 9216 Kbps), and immersive audio - 360 Reality Audio, Dolby Atmos Music

Family Premium - $17.99 AUD a month including up to 5 additional family members totaling 6 on the account. Standard sound quality (320 Kbps)

  TIDAL Australia

 というわけで、上記の内容はあくまで「オーストラリア限定」の話だが、順次他の国でも同様の変更が行われると見ていいだろう。

 注目すべきは、従来の「HiFi」が、「HiFi」と「HiFi Plus」に分けられたということ。従来の「HiFi」はCD相当のロスレスとMQAの両方を利用できるプランだったが、新しい「HiFi」で聴けるのはCD相当のロスレスのみとなり、MQAが聴きたければ「HiFi Plus」への加入が必要になる。

 TIDALがこのようなプランの再編を行った背景には、より安価でロスレス&ハイレゾストリーミングを行っているAmazon Music HDやQobuz、「Spotify HiFi」でロスレス配信を始めると表明したSpotifyの存在が念頭にあると思われる。

 上記の価格設定はオーストラリアのものなのでアレだが、新しい「HiFi」プランは従来からすれば値下げとなるのではあるまいか。で、TIDALが入れ込んでいるMQAが聴ける「HiFi Plus」は価値あるものとして強気の価格設定をする、と。

 「CD相当のロスレスで聴ければじゅうぶん。MQAは不要」と思っている人からすれば、新しい「HiFi」が安くなるならありがたい話である。
 
 

各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...