【動画レビュー】SIMAUDIO MOON 740P / 860A v2

 スピーカーに関しては、夢を叶えてDynaudio Sapphireを使っている。
 度肝を抜かれ、もうひとつのリファレンスとしてParadigm Persona Bも導入した。

 再生系に関してはネットワークオーディオの可能性を追求する過程で、相当な投資をしてきた。

 それらに比べると、アンプに関しては、システムにおける優先順位という点で、ずっと割を食ってきた感は否めない。

 ……およそ三年に一度、私は「アンプ換えたい病」の発作に襲われるのだが、今回は少々それが早かったらしい。

 というわけで「次」も見据えて、SIMAUDIO MOON 740P / 860A v2をお借りした。

 ちなみにMOONのアンプは海外のオーディオショウにおいてDynaudioのスピーカーとほぼ鉄板の組み合わせとなっており(それこそ新confidenceの発表でも使われていた)、Dynaudioを愛する身として、MOONのアンプを聴くのは遅すぎたくらいである。





 
【2020/09/13追記】

 Sapphireの潜在能力を余すところなく引き出しているという強烈な実感……試聴機の音を聴いてしまったら、もう元には戻れなかった。

 そして過去最大の買い物をした。

 基本的に私はシルバーとブラックがあるなら前者を選ぶのだが、MOON製品についてはツートン仕上げが一番しっくりくるのでそれを選んだ。860A v2のボードにはハードメープルを採用。Persona Bと同様に、「カナダのメーカーの製品にハードメープルが合わないわけがない」という至極単純な理由である。

 「Sapphire……お前……こんな音を出せたのか……!」という日々の感動にくわえ、Persona Bとの組み合わせは、いわば究極のカナダペアとして透徹した凄みも見せる。

 あまり価格で語るものではないとは思うが、ついに単体価格でかつての「夢」であったSapphireを越える機器を導入したことで、私のオーディオ遍歴もいよいよ次の段階に至った感がある。

 気付けばずいぶん遠くまで来てしまったが、その過程で得られたもの、これから得られるものを考えれば後悔はない。
 
 

各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...