Roon 導入編

前記事:Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roonはソフトであり、サービスである。
 メジャーアップデートごとに支払いを求める再生ソフトもあるが、Roonは年間・もしくは永年での利用契約となる。
 ソフトを買うのではなく、利用料を払うのである。

 価格は年間で119ドル。
 永年契約だと現在50ドル割引中で449ドル。

 2週間の無料試用期間もある。

 現状WindowsとMacに対応。
 仕様要求はこのページを参照。

 リモートコントロールアプリはiPadとandroidタブレット版が用意されている。
 基本的に大画面の端末で使うことが推奨されるようだ。

 
 というわけで、早速ダウンロードしてインストールする。
 ダウンロードはRoon Labsのページから。

20151003roonPC01
20151003roonPC02
20151003roonPC03
20151003roonPC04

 そしてRoonを起動すると……
20151003roonPC55
 ……だそうだ。
 愛にすべてを。

 
 初期設定色々。
20151003roonPC05
20151003roonPC06
20151003roonPC07

 この辺が不安だったが、どうやら杞憂だったようだ。
20151003roonPC08

 TIDAL……
20151003roonPC10

 そして使用開始。
20151003roonPC11

 猛烈に長くなるので運用編は分割する。

 
→運用編:Roonの「魔法」の正体
 
 

【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...