Qualcomm aptX LosslessでBluetoothが44.1kHz/16bitロスレスに

Qualcomm adds Bluetooth Lossless Audio Technology to Snapdragon Sound

 Bluetoothがロスレスになる。

 厳密には、Qualcommの「Snapdragon Sound」プラットフォームの新機能「aptX Lossless」により、CD品質(44.1kHz/16bit)の音声をロスレスで、Bluetoothで送れるようになる。

aptX Lossless features & specifications:

Supports 44.1kHz, 16-bit CD lossless audio quality
Designed to scale-up to CD lossless audio based on Bluetooth link quality
User can select between CD lossless audio 44.1kHz and 24-bit 96kHz lossy
Auto-detects to enable CD lossless audio when the source is lossless audio
Mathematically bit-for-bit exact
Bit-rate – ~1Mbps

 これは実に大きな一歩だ。

 例えば、先日AppleがApple Musicでロスレス/ハイレゾ配信を始めた時、「音源だけロスレスになっても、お前んとこのBluetoothワイヤレスイヤホン/ヘッドホン使ってる時点でロスレスじゃないだろ」というもっともなツッコミが世界中でなされたわけだが、こういう「Bluetooth=ロッシー」という巨大な制約あるいは欠点が崩れたことになる。

 
 もちろん、Bluetooth経由でのロスレスはあくまでも「QualcommのSnapdragon Soundプラットフォームで実現する」というだけなので、すべてのBluetooth対応製品がロスレスになるわけではないし(Apple製品についてはそもそもaptXに対応していない)、実際にaptX Losslessに対応する製品が幅広く登場するのはもっと先になるだろう。

 それでも、これは実に大きな一歩だ。

 基本的に「利便性」という文脈で語られてきたBluetoothが、ここにきて、とうとう「音質」という文脈においても一線を越えるからだ。ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ? なんのこったよ

 こと「音質」において、「ロスレスか否か」は、「ハイレゾか否か」よりも遥かに重要である。「ハイレゾをロスレスで送れないのか」と嘆く必要はなく、たとえCD相当でも「Bluetoothでロスレスを送れるのか!」と喜ぶべきなのだ。

 単に「ワイヤレスでロスレス」ということなら、既にAppleのAirPlayが実現している。しかし、汎用性や製品の裾野の広さという点において、AirPlayはBluetoothに遠く及ばない。それだけに、Bluetoothのロスレス化のインパクトは大きい。Qualcommが先陣を切ったBluetoothのロスレス化は、各種スマートデバイス&ワイヤレスを活用するオーディオの世界にも、今後大きな音質の底上げをもたらすことだろう。
 
 

【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】よくある質問と検索ワードへの回答 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。     とりあえずいつもの: 【音源管理の精髄】 ...