iFi audio ZEN Stream - 5万円弱で手に入る、機能もスペックもばっちりのネットワークトランスポート

【レビュー・空気録音あり】iFi audio ZEN Stream - 最新版・ネットワークオーディオの最初の一歩https://youtu.be/JGit6xO7EvE  iFi audio「ZEN Stream」はネットワーク経由で様々なソ...

 iFi audioのエントリー「ZEN」シリーズから廉価なネットワークトランスポートが登場する。
 日本での発売は技適の関係で秋ごろ、予価は税込6万円弱とのこと。

 →税込49,500円での発売となった

iFi audio ZEN Stream

 
 ZEN Streamが対応する機能は以下のとおり。

・DLNA/OpenHome
・Roon Ready
・Spotify Connect
・TIDAL Connect
・HQ Player NAA
・AirPlay
・Chromecast ※今後アップデートで対応

 このようにネットワークオーディオを実践するうえで必要とされる機能は網羅されており、さらにPCM32bit/384kHz・DSD256再生に対応とのことで、機能/スペック面での不安要素はない。

 ネットワーク接続は有線&無線両対応、デジタル出力もUSBと同軸デジタルを搭載し、安価ながら接続性もじゅうぶんに担保されている。また廉価とはいえ、USB出力にiFi audio独自の「Active Noise Cancellation II」を搭載するなど、同社製品で培われてきた技術が投入されている。


 ちなみに、カジュアルにネットワークオーディオを楽しもうと思った時の有力な選択肢としてBluesoundの「Node 2i」があるが、ZEN Streamはより本格的なオーディオを志向する製品であり、DACの搭載の有無も含めてBluesoundとは方向性がいささか異なる。

 かつてSONOREの「Sonicorbiter SE」やAuralicの「Aries Mini」といった「小さくて廉価でそれでいて機能もスペックもばっちり」といった製品が存在し、そういった製品が日本に入ってくることを期待したが、残念ながら叶わなかった(そして両製品はともに終了となり、特にAURALiCはより高価格帯に移行してしまった)。ZEN Streamの登場はまさにその夢が叶った形だ。さすがは「安くて旨くてかゆいところに手が届く」iFi audioといったところである。

 現在、日本の「ネットワークオーディオのエントリー」においてはSoundgenicが大活躍しているわけだが、Soundgenicでは満たせない機能/需要もある。そうした部分を補完するという意味でも、ZEN Streamにはおおいに期待である。
 
 

【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】よくある質問と検索ワードへの回答 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。     とりあえずいつもの: 【音源管理の精髄】 ...