SoundgenicがSpotify Connectに対応したので使ってみた

 昨日、SoundgenicがファームウェアアップデートによりSpotify Connectに対応した。

Soundgenicがストリーミング再生(Spotify)に対応

 私はリビングシステムにてHDD2TBモデルを使っているので、早速アップデートしたうえで使ってみた。

Audio Renaissanceのレビュー環境/システムについて 「どのような環境で、どのようにレビューを行ったのか」ということは、オーディオのレビューにおいて極めて重要であり、それを示さない限り、レ...


 Soundgenicのランプは通常時は緑で、新しいファームウェアを検知すると写真のようにオレンジに点灯する。

 SoundgenicのファームウェアアップデートはPCを介さず、純正コントロールアプリのfidata Music Appから直で可能だ。

 fidata Music AppからSoundgenicの設定画面を開き、

 「FWアップデートを行う」を選択。

 新しいバージョンが見つかる。

 一応内容を確認して、更新開始。


 アップデートには5分ほど要した。

 
 というわけで、SpotifyからSoundgenicに出力してみる。

 アプリから出力先に、

 Soundgenicを選ぶ。

 無事SoundgenicからSpotifyの音源が再生されている。

 ちょっとした意地悪として、「OpenHomeで曲を再生中にSpotifyで曲を再生する」「Spotifyで曲を再生中にOpenHomeで曲を再生する」ということもやってみたが、どちらも特に問題なく再生が切り替わった。
 

 Soundgenicは基本的にユーザーが所有する音源を保存・配信・再生することを主眼とする多機能な製品だが、今回のSpotify Connect対応により、「出来ること」がまた増えた。fidata/Soundgenicは精力的なアップデートにより様々な機能を獲得してきた歴史があるので、これからもこうした取り組みを続けてもらいたい。
 
 

【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】よくある質問と検索ワードへの回答 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。     とりあえずいつもの: 【音源管理の精髄】 ...