ネットワークオーディオの三要素――サーバー・プレーヤー・コントロール

 「はじめに」でも述べたように、ネットワークオーディオは決して理解不能な代物ではない

 ネットワークオーディオが兎角「難しそう」というイメージを持たれている理由のひとつに、「全体像の欠如」という問題があるように思う。

 構築しようとしているシステムの全体像をきちんと把握する前に、NASは何がいいとか、どのプレーヤーが音がいいとか、そういった各論に終始してしまうのはよろしくない。というより、このような傾向に陥りがちなのはオーディオファンの悪い癖だ。

 NAS、ネットワークプレーヤー、スマホにタブレット……機器そのものにばかり意識を向けるのではなく、それらが果たす「機能」あるいは「役割」を理解することで、ネットワークオーディオ全体、ひいてはファイル再生全体に対する理解は大きく深まる。

 そして、それらを理解すればこそ、実際の機器に求めるものも見えてくる。
 

 そこで、ネットワークオーディオの全体像を掴んでもらうべく、

■サーバー
■プレーヤー
■コントロール

 という三要素を提示したい。

 ネットワークオーディオを理解・説明するための、特定のソフト・機器・システム・プラットフォームに限定されない普遍的な方法。以上の三要素は、私自身でそれを考えて考えて、考え続けた結果辿り着いたものだ。

 各要素の呼称が真に適当かどうかはさておいて、少なくともここ「Audio Renaissance」では、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」それぞれの定義は一貫させている。

 ちなみにこのアイデアの出発点は、DLNAにおける「デバイスクラス」である。

サーバー

 サーバーとは、音源を読み込み、データベース化して音楽ライブラリとして機能させ(これを当サイトでは「ライブラリ機能」と呼称する)、プレーヤーに配信するもの。

 あくまで機能であり、システムにおいて果たす役割。

 配信という言葉はネットワークの存在が前提となるので、もっと単純に、プレーヤーから見た「音源の在り処」と考えてもいい。

 
 音源ファイルの保存場所(ストレージ)は必ずしもサーバー機器本体とは限らない。サーバー機器それ自体にストレージが搭載されていなくても、音源の保存場所としてUSBドライブやNASを接続・指定して使うことができる。いずれにせよトータルで考えれば、「保存」もサーバーを構成する要素であることにかわりはない。

 そしてサーバーの置き場所は、ローカルでも、クラウドでも構わない。TIDALといった音楽ストリーミングサービスは、「インターネット上の巨大なサーバーを利用する」というイメージで捉えることができる。

 
 内的になんらかのサーバーソフトが動く機器(NASやPCやオーディオ機器)が、システムにおいてサーバーの役割を果たす。サーバーソフトはソフト単体で提供されているものから、機能としてオーディオ機器に組み込まれているものまで様々。

 サーバーソフトが音源を読み込んでデータベース化し、ネットワーク上で共有することで、コントロールアプリからの音源の閲覧やプレーヤーへの配信が可能になる。コントロールアプリに表示される音源の情報は、基本的にサーバー側から提供されたものとなる。

 なお、PCで使われる再生ソフトのライブラリ機能は、実質的にサーバーソフトと同じもの。つまり、JRiver Media CenterやAudirvana Plusといった「ライブラリ統合型の再生ソフト」は、ひとつのソフトが「サーバー」と「プレーヤー」の両方を担っていると捉えることができる。Roonも同様である。

 ライブラリ統合型の再生ソフトや後述するミュージックサーバーなど、「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える製品は、内蔵/外部接続のDACを使って直接音源の再生が可能であり、必ずしもネットワークを介した「配信」を必要としない。そのため、サーバーの本質はライブラリ機能だといえる。

 
 サーバーソフトは読み込んだ個々の音源ファイルについて、ファイル名にくわえてタグに基づいてデータベース化を行うことで、多面的かつ視覚的な音楽ライブラリとして機能させる。ユーザー自身による「音源管理とライブラリの構築」は、まさにサーバーソフトによって、単純なファイル名とフォルダ構造を越えた姿を得る。

 データベース化に際してどのタグを参照し、どのように音源/ライブラリを提示するかは使用するサーバーソフトに依存する。この『音源のブラウズ/選曲の際の階層構造』のことを、私は「ナビゲーションツリー」と呼んでいる。他にも様々な呼称があるが、意味するものは同じ。

 ナビゲーションツリーはサーバーの使い勝手に直結する。一例として、「指揮者」や「オーケストラ」といったタグを頑張って音源に付加したところで、ナビゲーションツリーに対応する項目が用意されていなければ、選曲の際にタグを活かすことはできない

 もちろん、サーバーソフトの側でタグに基づくデータベース化を行わず、指定した音源フォルダの構造そのままに提示することもできる。これは「フォルダビュー」や「フォルダツリー」と呼ばれ、サーバーソフトが提供するナビゲーションツリーの中に「フォルダ」的な名称で用意されていることが多い。

 
 ちなみに「機器」の話をすると……

 「ストレージ」というと、単純に「音源ファイルの保存場所」あるいは「記憶装置それ自体」を意味する。USBメモリでも、HDDでも、SSDでも、外付けでも内蔵でも、NASでも、これらはみな「ストレージ」である。

 「NAS」は「Network Attached Storage」、つまり「ネットワーク接続のストレージ」を意味する。USB接続のストレージに比べて多機能かつ少々複雑。製品ジャンルの名称でもある。純粋な「ストレージ」として使うことが可能なほか、内的にサーバーソフトを動かすことで「サーバー」にもなり得る。NAS=サーバーではない

 機器の文脈で「サーバー」と言った時は、前述のとおり「なんらかのサーバーソフトが動き、ライブラリ機能を有する機器」を意味する。サーバーの役割を果たすのはPCでも、NASでも、オーディオ機器でも構わない。

 「ミュージックサーバー」とは海外で広く使われている製品ジャンルの呼称であり、「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える製品、その中でも特にストレージを内蔵して一台で再生機器として完結する製品を指す。

 よって、例えば日本が誇るDELA/fidata/Soundgenicの製品は、「ストレージ」でもあり、「NAS」でもあり、「サーバー」でもあり、「ミュージックサーバー」でもあり、純粋な「ネットワークトランスポート」として使うこともできる、なんとも多機能な製品ということになる。

プレーヤー

 プレーヤーとは、サーバーから配信された音源/データを処理・再生するもの。プレーヤーの側から「音源の在り処」であるサーバーに読みに行く場合もある。

 プレーヤーもまた「機能」あるいは「役割」と言える。よってオーディオ機器だけでなく、PCの再生ソフトもシステムの中でプレーヤーの役割を果たす

 プレーヤーの本質は(行為としての)再生とかスキップとか停止といったコントロールとは別の、音源の再生機能そのものである。DACの有無は関係なく、プレーヤーはあくまで「データ処理としての再生」を担う。

 ここでいう「データ処理としての再生」とは、様々な音源ファイルのデコードと音声データの生成(レンダリング)を行い、DAC(あるいはDDC)に送り出すまでを指す。

 一言で「ファイル音源の再生」と言っても、プレーヤーにおける再生(=データ処理)と、DACにおけるD/A変換明確に分けて考える必要がある

 
 多くの単体ネットワークプレーヤーはコントロール機能(操作ボタンや物理リモコンにより、機器自体でも一通りの再生操作が可能)を持つが、ネットワークオーディオのシステムでは「コントロール」が独立するため(後述)、その有無は問題ではない。

 ただし、音楽再生における満足のいくユーザビリティを実現するためには、優れたコントロールアプリの存在はもちろん、プレーヤーの側にも相応の機能が求められる。例えばUPnPを利用するシステムの場合、プレーヤーがDLNAとOpenHomeのどちらに対応するのかが重要になる。

 
 繰り返すがプレーヤーの本質は「再生」であり、機器からの音声出力はアナログかデジタルかを問わないDACの有無は関係ない

 ファイル再生/ネットワークオーディオの枠組みで捉える時、DACを搭載するネットワークプレーヤーも、DACを搭載しないネットワークトランスポートも、PCの中で動く再生ソフトも、等しくシステムの中で「プレーヤー」を担っている

 デジタル出力に特化した機器は、オーディオの伝統に則れば「トランスポート」と呼ばれるが、機能としては紛れもなく「プレーヤー」である。機能としての名称と、製品ジャンルとしての名称の違いに注意。
 
 レンダラーやらストリーマーやらミュージックサーバーやらネットワークブリッジやら、様々な呼称/製品ジャンルが存在するが、「音源の再生機能」を持つ以上、これらはみな「プレーヤー」であり、別の角度から表現しているに過ぎない。少なくともこのサイトの中では、「プレーヤー」という呼称に統一している。

 
 さらに「呼び方」の話をすると……

 「音源の再生機能そのもの」である「プレーヤー」は、特にその機能/性格を強調して「レンダラー」と呼ばれる場合がある。例えばDLNAのデバイスクラスにもDMR(Digital Media Renderer)の名称がある。ただ、「レンダラー」という呼称は従来のオーディオシステムからすると馴染みがないため、前述のように、私はあくまでも「音源の再生を担うもの=プレーヤー」という呼び方をしている。

 TIDALやらQobuzやらSpotifyやらに対応し、「音楽ストリーミングサービスの受け皿」となる類の機器は、特にその機能/性格を指して「ストリーマー」と呼ばれる場合がある。近年の音楽ストリーミングサービスの世界的興隆を受けて、この呼称はかなりメジャーになりつつある。なお、ネットワークによるデータ伝送それ自体も「ストリーム」であり、「ストリーマー」という呼称自体は単純にネットワークプレーヤーを指す意味で、かなり前から使われてはいた。

 ネットワーク入力でデータを受けて、USB等の端子からデジタル出力する機器は、その「ネットワークとUSBの橋渡し」という性格を指して「ネットワークブリッジ」と呼ばれる場合がある。このような機器は非常に多機能な場合が多いが、基本的には「USB等のデジタル出力を搭載するネットワークトランスポート」と捉えられる。「ブリッジ」という呼称もまた従来のオーディオシステムからすると馴染みがないため、私が積極的に使うことはない。

 
 もっともっともっともっと単純に言ってしまえば、つまるところプレーヤーとは、「リモコンを向けて再生(Play)ボタンを押す機器/ソフト」のことである。

コントロール

 コントロールとは、サーバーが提供する音源/ライブラリの情報を参照し、曲を選び、プレイリストを作り、プレーヤーに対して再生・停止・スキップ・シークといった指示を出す、つまり実際に音楽を再生する際の操作、あるいは音楽再生という行為そのもの。また、そのためのインターフェース全般を指す。

 システムと同一のネットワーク上にある端末、スマホやタブレットにコントロールアプリを入れることで、「コントロール」の機能を持たせることができる。すなわちネットワークオーディオにおける「コントローラー」とは「コントロールアプリ」のことであり、「コントロールアプリをインストールした端末」のことでもある。この時、「コントロール」は「プレーヤー」から機能的にも物理的にも独立した存在となる。

 サーバーを広義の音源、プレーヤーを広義の再生機器と捉えれば、このネットワークを活用した独立端末からのコントロールこそ他の方法論と決定的に異なる要素であり、ネットワークオーディオの本質だと言える。

 コントロールアプリは音楽を再生するうえで実際にユーザーが手を触れる事実上唯一の部分であり、その完成度は最終的なユーザー・エクスペリエンスを決定づける。まさにこの点で、ネットワークオーディオにおけるコントロールアプリの重要性は極めて大きい

 「コントロール」の具体的なイメージは、カラオケで曲を選ぶアレそのもの。 

 
 他の二つのように「コントローラー」と呼ばず、あえて「コントロール」と呼ぶ理由は、単にコントロールアプリや端末だけでなく、「音楽を聴くという行為そのもの」であり、また「ネットワークオーディオの本質」であるため。

 ネットワークオーディオの本質はあくまで「コントロール」であって、「コントローラー」と呼ぶとどうしても意味合いが狭まってしまう。……まぁ、この要素をコントローラーと呼んだところでそれほど問題はないし、わかりやすさを重視するならその方がいいのかもしれないが。

 
 一応言っておくと、アプリにおいて「プレーヤー」と「コントロール」の混同がよく見られるので、その辺は要注意。

 例えば、LINNのKinskyやKazooはコントロールアプリであって、プレーヤーアプリではない。コントロールアプリは再生を「指示」しているだけであって、実際に「再生」を担うのは「プレーヤー」である。わかったうえであえて言っているなら話は別なのだが。

図解

 ネットワークオーディオについての普遍的な理解を目指して考え出したこの「サーバー・プレーヤー・コントロール」モデルは、DLNAやOpenHomeといったUPnPベースのシステムだけでなく、PCの再生ソフトを使う場合や、オールインワンのミュージックサーバー、そしてRoonにも、まったく問題なく適用できる。

Roonの三要素「Core」・「Control」・「Output」Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられているので、ここであらためて紹介する。...
 

 「サーバー・プレーヤー・コントロール」の関係を端的な図に示すとこうなる。


 

 ネットワークオーディオのシステムにおいて、実際に各要素を担う機器はネットワーク/LANで接続されている。

 サーバーとプレーヤーは「接続と再生の安定性」という観点から、基本的に有線で接続する。サーバーとプレーヤーを無線で繋ぐこと自体は可能で、特にネットワークプレーヤーは設置の自由度の観点から、Wi-Fiに対応するも数多い。

 コントロール端末はもちろん無線で繋ぐ。

ネットワークオーディオの本質 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。    タグ。ライブラリ。アルバムアート...

 
 以上を踏まえて、ネットワークオーディオの三要素に、無線LANルーターとの接続関係入れ込むとこうなる。


 

 ミュージックサーバー、プレーヤーに直結できるLANポートを持つサーバー、あるいはPCを使うシステムの場合など、さらに詳しくは以下の記事を参照。

【ネットワークオーディオの基礎知識】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎える。  『サーバー』・『プレー...
 
 

 ネットワークオーディオとは『音楽再生におけるコントロールの方法論』である。

 ネットワークを介して再生機器からコントロールが独立し、それによって実現される快適な音楽再生こそ、ネットワークオーディオの本懐に他ならない。
 

 大切なのは快適に音楽が聴けること。それを抜きにしてネットワークオーディオは語れない。
 
 

【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 プレーヤー/DAC/...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】よくある質問と検索ワードへの回答 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。     とりあえずいつもの: 【音源管理の精髄】 ...