【ネットワークオーディオ実践編】「サーバー」を用意する

 サーバーとは何か? →コチラコチラ
 
 

 今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は用意できた。
 四枚のアルバムがライブラリに入っている。

 ライブラリを作るのは勿論なのだが、ネットワークオーディオにおいては、ライブラリの中身を示し、ユーザーからの指示を受け取り、プレーヤーに音源を配信する役割が必要となる。それを担うのが、サーバーである。
 

 今さらではあるが、【音源管理の精髄】の目的はあらゆる選択肢を網羅的に紹介することではなく、これから始めようと思っているユーザーが最短で最適解に辿り着くことである。
 よって、サーバーに関してはコレを使っておけばとりあえず大丈夫、というものを二つ提示する。

 まずこれらを使ってみて、サーバーの何たるかをきちんと理解し、じゅうぶんに使いこなしに慣れてほしい。別の選択肢を試すのはそれからでも遅くない。
 
 

ケース① 1円も投資したくない場合
foobar2000のUPnPサーバー機能を使う
 

ケース② NASを買う場合
Twonky Serverの入った製品を買う
 2020年現在、アイ・オー・データのSoundgenicがほぼ一択のレベルでおすすめできる。
 

 以上。
 
 

【ファイル再生の基礎知識】まとめ 音源管理からネットワークオーディオの実践まで いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル・ファイル音源』が存在する。 ...
各種レビュー/インプレッションまとめ Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事で紹介している。 https://audio-...
【Roon】関連記事まとめ 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、私は単...
【ファイル再生の基礎知識】よくある質問と検索ワードへの回答 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。     とりあえずいつもの: 【音源管理の精髄】 ...